MENU

色素沈着は美白効果のハイドロキノンで

ハイドロキノンは2001年に厚生労働省が薬事法の緩和によって認可した美容成分の一つです。
もともとは漂白剤や写真の現像に使われる薬品だったのですが、美容に使うことによって、圧倒的な美白効果が得られることが分かりました。

 

ハイドロキノンの特徴

アンプルールやビーグレンではすでに、このハイドロキノンに独自技術を加えて化粧品成分に含めていますね。
ハイドロキノンの大きな特徴は『シミの予防と改善』です。
メラニンの生成を抑える力が強いため、未然に予防する働きと、すでにできてしまったシミに対する効果両方を兼ね揃えています。

 

ただし、ハイドロキノンは濃度を間違えると肌が漂白されて白斑ができてしまう危険もあります。
一般的に化粧品に含まれているハイドロキノンの濃度は2%〜4%。厚生労働省は2%を推奨しています。
ネット通販などでは5%以上のハイドロキノンも販売されていますが、こちらを使用するときは使い方を必ず守ってください。

 

ハイドロキノンが含まれているおすすめの化粧品

まずおすすめしたいのがアンプルールの『コンセントレートHQ110』
こちらの化粧品に搭載されている独自技術『新安定型ハイドロキノン』は世界で初となる技術です。
ハイドロキノンは一歩間違えれば劇薬にもなります。
アンプルールの開発した技術は刺激を限界まで抑えて、なおかつ安定した美白効果を実現しています。
11gで10800円と美容液の中では高級の部類に入りますが、色素沈着のシミに悩んでいる人はもちろんのこと、潜在的なシミの可能性を危惧している方にもおすすめです。

 

もう一つは『ビーグレン』
ビーグレン独自のキューソーム技術を駆使して、ハイドロキノンの成分を劣化させずに肌内部に浸透します。
キューソームとは、ナノカプセルに有効成分を詰め込む技術です。
これにより表皮で破壊されることなく、カプセルが真皮に到達し、ゆっくりと溶けます。

 

アンプルールもビーグレンもナノカプセルという技術は共通していまし、安定した効果を感じることができます。

 

高濃度のハイドロキノンの注意点

濃度の高い(目安は5%以上)ハイドロキノンを使用する場合は、白斑のリスクもありますので、使用上の注意点をよく守ってください。
使用後に皮膚が赤くなったり、逆にシミが増えてしまった場合は、すぐに皮膚科に診てもらうようにしましょう。
また、冷蔵保存で管理することによって品質の劣化を防ぐことができます。
妊娠中の女性は使用できません。
海外からの輸入品を購入する場合は、説明書が英語のみなので、できれば使用を避けてください。
厚生労働省が認可したといっても、安全性が認められたのではなく、企業側が安全面の責任を負うことで販売可能という解釈なので、信頼できる販売元から購入することがリスク回避に繋がります。