ビーグレンの詳しい情報

ネット通販の化粧品業界を牽引するまでに至ったアメリカ発のビーグレン化粧品。
当サイトの主題となっている『ニキビ跡を目立たなくする化粧品』としても、ビーグレン商品をおすすめできます。

 

ビーグレンが唱える4つのステップ

ビーグレンが推奨するニキビ跡に効果的な肌ケアは4つのステップを踏みます。

 

ステップ1、洗顔は泡ではなくクレイ

泡洗顔の場合は洗浄効果の強い石油系界面活性剤が多く含まれている場合があります。
ニキビ跡は毛穴の炎症が産んだ産物なので、それだけでも敏感肌になっています。
ニキビ跡を抱えている患者にとって、泡洗顔は刺激が強すぎるのです。
そこで、ビーグレンの『クレイ・ウォッシュ』がおすすめ。
クレイ・ウォッシュはクレイタイプの洗顔料です。
古い角質をポロポロと落とすことができ、肌にも刺激がなく優しい洗顔料となっています。

 

ステップ2、薬用成分でニキビの炎症を抑える

続いて肌に水分を補給するために化粧水をつけます。
ここでおすすめなのは『クレイ・ローション』です。
グリチルリチン酸ジカリウムと呼ばれる炎症を抑える効果のある成分が原料。
通常の抗菌、抗炎症作用のあるニキビ跡ケア商品は、刺激が強すぎて返って逆効果になってしまうこともしばしばあります。
その点グリチルリチン酸ジカリウムは高い炎症鎮静効果を持ちつつ、肌に優しいことで知られている美容成分です。

 

ステップ3、ニキビ跡、色素沈着に効果を発揮するビタミンC

化粧水で肌に水分を与えたあとは、美容液で美肌対策を講じます。
ここで使う商品はビーグレンではお馴染みの『Cセラム』。高濃度のピュアビタミンC配合の美容液で、名実ともにビーグレンの人気NO1商品となっています。
ビタミンCは美しい肌を作るためには欠かせない成分ですが、それ以外にもニキビ跡、色素沈着によるシミの改善にも効果があります。
ビタミンCはご存知の通り、水溶性なので肌に浸透しにくいのが唯一の欠点。
それを解決したのがビーグレン独自技術の『キューソーム』です。
ナノカプセルにビタミンCを詰めることによって、肌の表面でビタミンC成分が分解されるのを防ぎます。
しっかりと角質の奥まで浸透したナノカプセルは、自然に解けてビタミンCを浸透させます。

 

ステップ4、肌にバリアを張って水分の蒸発を防ぐ

ステップ3で化粧を終わらせてしまうと、水分や美容成分が蒸発してしまいます。
それを防ぐために行うのが乳液ですね。ビーグレンでは『モイスチャー・ゲル・クリーム』と呼ばれるジェル状の保湿液がおすすめです。
モイスチャー・ゲル・クリームは、Cセラムで紹介したキューソーム技術によって作られていて、肌に柔らかいヴェールを張って有効成分の蒸発を防ぐことができます。

 

ビーグレンのお得な購入方法

ビーグレンは他の化粧品と比べると若干高い料金設定。
代理店などで販売していないため、価格競争がないためすべて定価制の販売となります。

 

ビーグレンは公式サイトから購入できますが、半年に一度キャンペーンを行い、期間限定で割安で購入することができます。
化粧品は未開封の状態で2年保管できるように開発されているので、ここでまとめて購入すればお得ですね。