クリニックの治療費は高い。化粧品で治すべき

クリニックは最短でニキビ跡を治すためには有効な手段かもしれません。
しかし、ニキビ跡の治療というのは病気ではありませんので、そのほとんどが保険適用外の自由診療となります。
自由診療は各クリニックが自由に料金を設定できるのが特徴です。
同じ治療法でもクリニックによって数万円のギャップが生じることも珍しくありません。

 

高額な治療費

当サイトで紹介した『ピーリング』と『レーザー』はニキビ跡に用いる代表的な治療法です。
ピーリングにもケミカルと物理的作用の二つの種類があり、レーザーにはフラクショナルレーザーをはじめ、数多くの種類があることは前回紹介しております。

 

例えばピーリングの料金は1回1万円から2万円程度。
これを5回程度繰り返すと、5万円から10万円ですね。
さらに診察代、麻酔代などを含めると、プラス2万円程度かかります。

 

レーザー治療の場合はクリニックによって料金の差が激しく、1回1万円程度から5万円程度の幅。
また部位によっても異なります。顔全体となると、1回10万円程度かかります。
どこのクリニックもパッケージコースを用意していて、そちらを申し込めば割引はされますが、これはお客さんが逃げないための工夫に他なりません。
肌に合わなかったり、まったく効果が感じられない、むしろ逆効果の場合でも、コースに申し込んでしまうと無駄金をはたくことになります。
「序々によくなっていくはず」
「最初は誰でも痛みで逃げようとします」
「これを我慢できればニキビ跡は改善されます」
などとクリニック側はお客さんを引きとめようとするでしょう。

 

宣伝文句に騙されないで

クリニックの中には「効果がなかったら全額返金します」と謳うところもありますが、こちらは要注意です。
『効果』というのは、とても客観的なもので、患者が効果を感じられなくとも、医師が「最初と比べると改善されています」と言えば、効果が出ていると錯覚してしまいます。

 

化粧品の方が費用対効果はお得

化粧品は目に見える効果はなかなか感じられないものの、長い目で見れば確実に肌の調子はよくなっています。
化粧品に費やすお金はクリニック代に比べれば微々たるものですね。
クリニックを最終手段と考えて、いざ治療に臨んだはいいものの、逆に肌を傷つけてしまった、ということもあります。
いままで化粧品で培ってきたお肌はすべて台無しになってしまいます。
化粧品で長い年月をかけてアンチエイジングを試みた方が、肌には優しいですし、将来にわたって長く美肌を保つことができるはずです。

 

クリニックで一発逆転を狙うのもいいですが、失敗したときや効果がなかったときのリスクを考えてから治療に臨むようにしてください。