跡が治るだけじゃなく、さらに美白へ。フォトフェイシャル

「ニキビ跡の治療だけではなく、肌も美肌になりたい」
そのような一石二鳥の美容医療行為が実はあるんです。
それは『フォトフェイシャル』と呼ばれる施術です。

 

エステでもお馴染みの施術

美肌通の人にとっては、フォトフェイシャルと聞くと「エステで体験したことがある」という声も聞きます。
フォトフェイシャルはもともとエステでの美容行為として人気がありました。
しかし、近年では美容外科クリニックでも積極的に取り入れられています。
レーザー治療という点では、他のレーザーピーリング施術と行為は似ているのですが、加えて美肌効果も期待できるのが魅力です。
「じゃあエステで受けても同じなの?」
エステとクリニックで受けるフォトフェイシャルでは、レーザーの出力に違いがあります。
エステはご存知の通り、医療行為を行うことができませんので、出力が低いことが挙げられます。
美容効果としては十分ですが、ニキビ跡を治すことは難しいです。
クリニックでは専門医師が出力を調整することによって、ニキビ跡もケアする高度な施術を行うことができます。

 

フォトフェイシャルで得られる効果

フォトフェイシャルで効果が期待できるニキビ跡は、『患部の赤み』や『色素沈着』、『軽度なニキビ跡』となります。
照射範囲が広い上、肌に異常がある部分にしか効果がありませんので、正常な皮膚を傷つけることもありません。
ニキビ跡だけではなく、『開いた毛穴を閉じる』、『シミ』、『そばかす』、『肌のたるみ』、『くすんだ肌色』にも効果があります。
何度も通っていれば、明るく白い肌を手に入れることも期待できますので、エステとニキビ跡治療、双方を実現したい方におすすめです。

 

フォトフェイシャルの欠点

まず挙げられるのは、「重度のニキビ跡には効果が期待できないこと」です。
通常のレーザーよりも出力は弱いので、クレーター跡やケロイドといったデコボコ跡には効果が薄いです。
また、副作用も少なく、ダウンタイムの期間も短いことは魅力ですが、一度に得られる効果が小さいので、他の施術方法よりも長い期間通院しなければなりません。
フォトフェイシャルはレーザー治療の中では刺激は最も小さいですが、それでも光に敏感な肌質の患者や日焼けしている方、アレルギー反応がある方は施術を受けることができません。