肌組織を回復。イオン導入

『イオン導入』という言葉は何度か聞いたことがある人も多いでしょう。
「よく聞くけど、どういう意味?」
「美肌に良さそうだけど、どんな効果があるのかがいまいち分からない」
という方のために、イオン導入に関して今回はご紹介したいと思います。

 

針を使わない注射

イオン導入は針を使わない注射と呼ばれています。
注射は塗り薬では効果が得られない角質の奥に有効成分を浸透させたい場合に使用されます。
イオン導入は簡単に言えば「電気」です。
電気を流して、肌の奥に浸透させる治療法なのです。
例えばビタミンCは水溶性のため、口から摂取しても、化粧品でつけてもなかなか肌の奥に浸透しないデメリットがあります。
そこで、ビタミンCをイオン(電気)に変えて、特殊の機器によって肌奥に伝えるのです。

 

ただし、何でもイオン化することができるわけではありません。一般的には粒子の小さい水溶性成分が適していると言われています。
例えば保水効果の高いヒアルロン酸は、粒子が大きいためイオン化には向いていないと言えます。

 

通販でも購入できる

イオン導入ができる美顔器は最近では通販でも簡単に手に入れることができます。
価格はピンキリで、5千円程度で買えるものもあれば、5万円以上するものもあります。
また、ほとんどのエステでもイオン導入のコースは見受けられます。
ただし、自宅やエステで使用する美顔器は、イオン導入の効果は微々たるものなので、それほど効果を期待してはいけません。
本当にイオン導入でニキビ跡やシミを改善したければ、高価な美顔器を常備しているクリニックに通った方が無難でしょう。

 

おすすめのコースとは

顔が汚れていたり、古い角質が残っていると、イオン導入の妨げになってしまいます。
クリニックで受ける場合は、ピーリング治療の後にイオン導入を行うのが一般的です。
自宅で行う際も、肌を綺麗にした後に使用してください。
イオン導入はそれだけでニキビ跡が大幅に改善される治療法ではありませんし、複数回繰り返さなければ効果は見込めません。
他の治療法と併用して、イオン導入も使ってみてはいかがでしょうか。