ニキビが悪化すると、白ニキビから黒ニキビ、赤ニキビへと発展

鏡を見てニキビを発見した場合、まずはニキビの種類を判断しましょう。
ニキビには大きく分けて3つの種類があり、それぞれ発生原因や対処法が異なります。

 

白ニキビの原因はさまざま

最もできやすいニキビが白ニキビ。
「気が付いたらできてた」、「昨日まではなかったはずなのに」と嘆く女性もいるでしょう。
それほど白ニキビはできやすいのです。

 

白ニキビができる原因は、『皮脂が毛穴を塞いでしまっていること』です。
もう少し具体的に言えば、毛穴を塞いだ皮脂が排泄されないため、毛穴が一時的に盛り上がってしまっていることが原因に挙げられます。
では、なぜそのようなことが起きるのか。
通常肌表面にある角質は古くなるとポロポロと自然に排泄されていきます。
しかし、ときどき排泄されずに毛穴に残ってしまう場合があるのです。

 

外部要因も多い

上記とは別に、日々の生活環境によっても白ニキビは発生してしまいます。
その原因の一つが『汚れ』です。
例えば洗顔料できちんと顔を洗ったつもりが、顔に僅かに残ってしまうことがあります。
また、シャンプーで頭を洗ったとき、顔に滴り落ちた液体を拭かないで放置してしまった場合も然りです。
洗顔やシャンプー類は汚れを落とす洗浄剤が含まれていて、その多くは石油由来です。
石油は放っておくと固まってしまいますので、それが毛穴を塞いでしまって、白ニキビへと発展してしまいます。
また、大気中のチリや埃、汚れなどが顔に付着した場合も、同様に白ニキビが発生してしまう可能性があります。
外出から帰ったあとは、しっかりと顔を洗わなければならないのは、このためでもあります。

 

もちろん皮脂が分泌し、その皮脂が白ニキビの原因になることも多々あります。
このように、原因はさまざまあり、すべて排除して注意することはなかなか難しいと言えますね。
なので、どんなに気をつけていても白ニキビはできてしまうのです。

 

クレンジングはいいものを選ぼう

毎日外出前にメイクアップ化粧をしている女性は要注意です。
メイクアップ化粧の粉をしっかりと洗い落とせずにいると、粉が毛穴を塞いでしまうきっかけになりかねません。
メイクアップ化粧はなかなか落とすのが難しいのは皆さんもご存知の通りです。
ですので、化粧落としは自分の肌に合ったものはもちろんのこと、多少高くても良質な品を使ってください。

 

黒ニキビの原因は『酸化』

固まった皮脂を放置しておくと、皮脂は空気に触れて酸化してしまいます。
酸化すると、さらに固くなって毛穴にシミのようにこびりついてしまいます。
皮脂が分泌しやすい鼻先や鼻筋に黒ニキビができやすいのはこのためです。
おでこから鼻にかけてはT字ライン、Tゾーンと呼ばれている範囲で、特に皮脂の分泌が盛んです。
黒ニキビになる前に、きちんと洗顔をして皮脂を落としておきましょう。

 

手ごわい赤ニキビ

ニキビに纏わる問題で、多くの方が直面しているのがこちらの『赤ニキビ』です。
白い肌の人はなおさら目立ちますし、遠目からでも分かります。
また、触るだけで痛いのも白ニキビや黒ニキビとは異なる点です。

 

赤ニキビの正体は『毛穴が炎症していること』です。
では、どのようなときに毛穴は炎症を起こし、赤ニキビが生成されるのでしょうか。

 

毛穴は前回もご紹介している通り、皮脂によって詰まることがあります。
詰まった皮脂は毛穴を塞いでしまいます。
すると、そこにアクネ菌と呼ばれるニキビを作る最近が発生します。
このアクネ菌は一つの毛穴に数百個と棲みつき、さらに皮脂をエサにどんどん増殖します。
皮脂は皮脂腺が刺激されることによって分泌されますが、この皮脂腺は毛穴に汚れがあることを察知すると、自動的に皮脂を分泌する働きがあります。
しかし、皮脂は毛穴を塞いで留まっている状態で排泄されません。ですので、次々に皮脂が分泌され続け、それを媒介にアクネ菌が増殖するという無限ループを辿ります。
放置しておくと、毛穴は赤く腫れあがってしまいます。
さらに処置を誤ったり、治療を施さなかった場合はどうなるでしょう。
毛穴の奥にある細胞が死滅して、へこみ、クレーターといったニキビ跡ができたり、色素沈着を起こしてシミの跡が残ってしまいます。
これは当サイトで紹介しているニキビ跡に通じるものがありますね。

 

白ニキビと黒ニキビのうちに適切な処置を施していれば、赤ニキビに発展することはありません。
赤ニキビに発展した場合は、後のニキビ跡が怖いので、必ず早期治療を心がけてください。