ニキビ跡に効く食事がある!

ニキビを予防し、ニキビ跡を改善する食材もあります。
クリニックのような劇的な変化はないにしても、化粧品を日々使用するように、規則正しい食生活が習慣化すれば、一定期間を経てニキビトラブルが改善されることでしょう。

 

ニキビを防ぐ食事

まずはニキビを予防する食事ですが、これは『ビタミンB群の食材』です。
代表的な食材は魚ですね。
魚にはビタミンB6、B12が多く含まれていて、どちらもニキビを予防する効果があります。
また、納豆、チーズ、ヨーグルトなどの発酵食品は、腸内環境を整える働きがあります。
悪玉菌の量が善玉菌を上回ると、人は誰もが便秘に陥ります。
悪玉菌の腐臭は血液を巡って、毛穴から匂いがします。それは細菌が増殖する原因にもなりますので、ニキビの発生にも繋がります
また、動物性たんぱく質が多く含まれている肉類は皮脂の分泌を増やしますので、ほどほどに。

 

ニキビ跡を改善する食事

ここでは主に肌細胞に働きかける食材を摂取するようにしましょう。
例えばビタミンC。肌細胞を活発化させ、コラーゲンの生成を助けます。
また、すでにできてしまったシミを淡色にする効果もあります。
食材からの摂取は体内での吸収率が悪いことが挙げられますので、サプリメントでもかまいません。

 

次にご紹介するのが『油』
一見するとニキビの大敵なイメージがありますね。
しかし、良質な植物油やシソ油、オリーブオイルはむしろニキビ跡の改善に効果があるのです。

 

良質の油を摂取すると、まず肌に含まれる水分の蒸発を防いでくれる効果があります。
そのほかにも「栄養を取り込むために必要な細胞膜の生成」、「抗炎症作用」、「ホルモン生成の材料」のような働きがあります。
摂りすぎはもちろんよくありませんが、適量を日々摂取することは、美肌作りには欠かせない要素の一つでもあるのです。

 

「どんな献立を作ればいいのか分からない」という方は、まずは栄養バランスの整った食事を作ってみましょう。
上記に挙げたおおよその栄養・ビタミンは、自然に摂取することができるはずです。