化粧品にこだわろう。オールインワンゲルでは駄目な理由

最近流行っている化粧品が『オールインワンゲル』と呼ばれるもの。
ご存知の方も多い方思いますし、もしかしたら愛用しているユーザーもいるのではないでしょうか。
ニキビができにくい肌を作りたい。ニキビ跡を少しでも改善したいと考えている方は、オールインワンゲルはあまりおすすめではありません。

 

化粧品には正確な順番がある

基礎化粧品を使うに当たっては、必ず順番を守らなければなりません。
まずは化粧水で水分を肌に補います。
その後に美容液を塗り、美肌の有効成分を肌に浸透させます。
化粧水を塗らずに美容液を使うと、美肌成分が思うように肌に浸透しなく、十分な効果は得られません。
美容液のあとは、乳液やパックです。
これは保湿の役割があります。
乳液はクリーム状が一般的ですね。乳液をつけることによって、肌に油分を含んだバリアを張ります。
これによって、化粧水で保水した水分と、美容液に含まれている美容成分が蒸発しないように毛穴に閉じ込めておくことができます。
もし最初に乳液を塗ってしまうとどうでしょうか。
バリアを最初に張ってしまうことになるので、その後の化粧水や美容液は跳ね返ってしまいますね。
このように、基礎化粧品にはそれぞれの効果と役割が明確に異なるので、順番は必ず守らなければなりません。

 

オールインワンゲルで美肌は難しい

ではオールインワンゲルはどうでしょうか。
オールインワンゲルの特徴は、『これ一つで化粧水、美容液、乳液の効果が得られる』というものです。
しかし、先に説明したように、それぞれ使い分けることによって、はじめて美容効果が得られるので、これらを一緒にするというのは明らかに矛盾が生じます。
一昔前にはシャンプーとリンスの二役があるリンスーinシャンプーが流行りました。
しかし、これも専門の美容師からすると、矛盾しているとのことです。

 

もちろんメーカー側もそれらを考慮した開発を行っているはずですが、使い分けることができない以上、効果の程はそれほど期待できないでしょう。

 

オールインワンゲルのおすすめシチュエーション

オールインワンゲルは、基本外出先、出張先、勤務先などで使う非常用と考えてください。
短期間のみ使用し、「ないよりあった方がまし」程度の認識でいた方がいいでしょう。

 

「私は面倒臭がり屋だから、ついついオールインワンゲルで済ませちゃう」
「朝は慌しいから、オールインワンゲルがありがたい」
という女性もいますね。
しかし、ニキビができにくい美肌体質に肌を変えることは、一朝一夕ではいきません。それなりの努力をしなければなりません。
忙しいときは、ついつい手間がかからない方へ手を伸ばしてしまいがちですが、特にニキビ跡の改善を目標にしているのであれば、多少の手間と時間もかける覚悟は必要となります。