社会人のニキビはストレスが原因の可能性も

社会人になった途端に大人ニキビが発生する人もいます。
「大学生のときはニキビとは無縁の美肌を維持していたのに!」
と嘆いている女性もいらっしゃるでしょう。
大人ニキビならぬ、この社会人ニキビの発生原因とは一体なんなのでしょうか。

 

ストレスが原因のニキビ

社会の荒波に揉まれると、学生時代には到底経験しないストレスが蓄積します。
上司に叱咤され、取引先に頭を下げて、通勤ラッシュに揉まれて、帰宅時間はいつも深夜。
そんな毎日を繰り返していると、知らずのうちにストレスが体内に溜まります。
ストレスは自律神経を乱れさせ、女性であればホルモンバランスも崩れます。
それはやがて肌の変調をきたし、吹き出物ができたり、乾燥肌になったりするきっかけに繋がります。

 

社会人ニキビの解決方法

このとき発生したニキビは一過性がほとんどで、やがて消えて完治します。
しかし、厄介なのが再発するリスクが高いことです。
ストレスの元を断たなければ、一向に解決しない問題で、再発が続くとニキビ跡やシミになって残ってしまうこともしばしば。

 

ストレスを発散し、なおかつニキビができにくい体質にするためには、運動がおすすめです。
太陽の下でほどよく汗をかく運動を適度にすれば、代謝が高まりエネルギーの循環が円滑になります。
血行がよくなり、睡眠不足や肩こりの解消、ストレスの発散にも繋がります。
リンパの流れがスムーズになれば、体内の老廃物を滞りなく排泄し、アクネ菌が育たない肌を作ることができます。
また、細胞分裂が活性化すれば、古い角質が落ちて新しい皮膚の成長を促すことにも。

 

ストレス社会と呼ばれる現代の日本で、少しでも美しく生きるためには、日頃の生活習慣を見直すことが大切です。
一見関係なさそうに思える習慣が、実はニキビを作る要因になっていることもあります。
運動に限らず、入浴時間や睡眠時間を長くしたり、規則正しい食生活に正すこともニキビケアに繋がります。
仕事を忘れてリラックスできる時間を確保することが、ストレスを溜め込まない重要なポイントとなることを覚えておきましょう。