小さな跡ならステロイドで治療可能

ステロイドと聞くと、アトピー性皮膚炎の方に処方される塗り薬のイメージがありますね。
子供のころにアトピーに悩まされていた方は、ピンとくるのではないでしょうか。
そのステロイドは、ニキビ跡にも効果があります。

 

ステロイドの効果

ステロイドはもともと抗菌、抗炎症の効果があります。
ニキビがなくなったあとは、赤みができたり痒くなったりすることがありますね。
この初期段階の症状の方にステロイドは有効です。

 

ステロイドが含まれている商品はドラッグストアや通販でも気軽に買うことができます。
その代表例は虫刺され時に塗る痒み止めなどですね。
しかし、ステロイドは濃度が数段階によって分かれているので、ニキビ跡に有効なステロイド商品を手に入れたいのであれば、皮膚科で処方してもらうのがおすすめです。

 

ステロイドの注意点

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、ステロイドは抗炎症の働きが強いため、長く使い続けると副作用が発生することもあります。
一番多い副作用は「皮膚が薄くなる」というもの。
いままで愛用していた化粧品をつけたら、患部が赤くなってヒリヒリしてきた……、という声はよく見受けられます。
ですので、ステロイドは短期間集中してつけて、ニキビ跡が完治したら使用を即中止することが求められます。
また、なかなかステロイドを塗っても改善が見られない場合は、できるだけ早いうちに見切りをつけて、別の薬に切り替えることも必要です。

 

このように、ステロイドは副作用も気になるところなので、広い範囲に塗るのはあまり賢明ではありません。
ピンポイントのニキビ跡に対して使用するようにしてください。

 

ケロイドにも効果的

重度のニキビ跡のケロイドにもステロイド治療が有効の場合があります。
ただし、このケロイドの場合は塗っても効果はありませんので、元から断つために注射をしてステロイドを体内に注入します。
ステロイド注射は効果が強いため、3回程度行えば、大きなケロイドも改善が見られます。
また、ステロイド自体はそれほど高いものではないので、自由診療のクリニックでも一回5千円程度で受けることができます。